マミー型シュラフだけどラク ― 「伸びるシュラフ」の感想

マミー型シュラフなのに体は自由
モンベルのシュラフを選んだ決め手になったポイントです。この、モンベルシュラフの大きな特長について、感想と僕なりの使い方をご紹介。

マミー型と封筒型のいいとこどり

シュラフのタイプは、マミー型封筒型の2種類ありますが、どっちも一長一短。

  • マミー型:保温効果は高いが、きゅうくつ
  • 封筒型:布団のように体は自由に動かせるが、保温効果が低い

この両方の「いいとこどり」をしたのが、スパイラルストレッチシステム

形はマミー型シュラフに近いんですが、シュラフが横に伸び縮みするんです。だから、体は自由に動かせるのに、ムダなスペースが少なくて保温効果が高い。

ただ、マミー型シュラフに比べたら、さすがに保温効果は劣るようです。寒い日は、ヒジとかヒザとか、出っ張ってシュラフを「伸ばしている」ところから冷えてくる気もします。

封筒型よりあったかく、マミー型より体が自由
くらいに考えるといいんじゃないでしょうか。

シュラフの中で寝返りうってます

マミー型のシュラフで寝てるときに寝返りをうつとしたら、ふつうはどうするんでしょう。シュラフごと寝返りをうつんでしょうか?

僕は、シュラフの向きはそのままで、中で体だけ方向を変えています。なかば無意識にそうしています。封筒型じゃないのにこんなことができるのも、モンベルの「伸びるシュラフ」ならではでしょうか。

モンベルの昔のカタログには、「シュラフの中であぐらをかけます」なんて書いてありました。僕はやってみたことはないですが・・・・・・

アマゾンで扱っているモンベルのシュラフを見る

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク

↑ ページの先頭へ


「僕のおすすめシュラフ」トップページへ