「伸びるシュラフ」のテクノロジー「スパイラルストレッチシステム」

モンベルのシュラフを支えるアイデア「スパイラルストレッチ」をご紹介します。

伸び縮みするシュラフ

シュラフのタイプは、マミー型封筒型の2種類ありますが、どっちも一長一短。

  • マミー型:保温効果は高いが、きゅうくつ
  • 封筒型:布団のように体は自由に動かせるが、保温効果が低い

この両方のメリットを両立したのが、スパイラルストレッチシステム

形はマミー型シュラフに近いんですが、シュラフが横に伸び縮みするんです。だから、体は自由に動かせるのに、ムダなスペースが少なくて保温効果が高い。

ただ、マミー型シュラフに比べたら、さすがに保温効果は劣るようです。封筒型よりあったかく、マミー型より体が自由くらいに考えるといいんじゃないでしょうか。

生地自体をナナメに使用

スパイラルストレッチがすごいのは、ゴムを使っていないのに伸び縮みするところ。生地自体をナナメに使って、生地がもともと持っている伸び縮みを利用するシステムです。ゴムで伸ばそうとすると、「伸びしろ」のぶんの余分な布が必要。スパイラルストレッチではそれが必要ないので、ゴムを使うより軽量・コンパクトになってます。

ユニークなデザインゆえの “スパイラル” ストレッチ

こんな感じで、ステッチの線がナナメに入ってます。シュラフのぬい目といえば、たいてい「ヨコ縞」なもの。ステッチがナナメになったシュラフなんて見たことありません。アイデアもユニークなら、デザインもユニーク。

ただ、ゴムを使ってないこともあって、ゴムを使って伸び縮みを実現しているシュラフと比べると、伸びる量は少なめ。それと引き換えに軽量・コンパクトを実現した、といったところでしょうか。

アマゾンで扱っているモンベルのシュラフを見る

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク

↑ ページの先頭へ


「僕のおすすめシュラフ」トップページへ