function is beauty

function is beauty
モンベルのコンセプトです。日本語にすると「機能美」になるそうです。
この言葉から、どんなことをイメージしますか?

「機能・分かりやすさ第一」という意味か

“function is beauty”に込められた「想い」については、詳しく語られた資料がないので想像するしかないんですが、「機能最優先のモノづくりをする」という意味だとしたら、個人的には好感が持てます。僕自身、モノを選ぶときに見ためより機能を重視するもんで・・・・・・

シュラフの「色」に関して言えば、分かりやすさを重視してるようです。モンベルシュラフの主要7種類は、種類ごとの色分けはナシ。使える最低温度が同じ(=#番手が同じ)なら、種類が違ってもみんな同じカラーリングになってます。#1:朱色 #3:緑 ・・・・・・

デザインもファンの心をつかんでる?

かといって、モンベル製品のデザインが悪いというわけではないです(と、思います。「イマイチだ」という評価も聞きますが、デザインについてはよく分からないので・・・・・・)。

モンベル製品のファンのことを「モンベラー」なんて呼びますが、そういう人たちは、信頼性や機能性だけでなく、モンベル製品のデザイン面にもひかれてるんじゃないでしょうか。「シンプルなのがイイ」っていうことなら、「無印良品」的な良さ、ということでしょうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク

↑ ページの先頭へ


「僕のおすすめシュラフ」トップページへ